| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

鎌倉こどもミュージカル 活動日記


5月13日のレッスン♪

今日は青砥先生がいらっしゃいました。みんな緊張したかな?久しぶりに先生方と浴衣姿でパチリ集合写真


青砥先生の「100−98は〜?」のかけ声に、みんなで
に〜!!」と笑顔









今日、「あまんじゃくの桜貝」のチラシが出来上がって、配布されました。
これからみんなで頑張って宣伝開始です!
たくさんの方に観ていただけると良いですね☆

|11:41| レッスン | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kamakurakm -
4月1日(金)

3月11日に起こりました東北地方太平洋沖地震では、たくさんの尊い命が奪われ、今なお不便な生活を強いられている方々が、連日ニュースでとりあげられています。
子を持つ親として、被災した子供達の事を思うと胸が痛み、一日でも早く被災地域の復興と
子供達の心の平安が訪れるよう、願わずにはいられません。
ここ鎌倉でも地震と同時に停電が起こり、メディアとのつながりを絶たれること、準備のない暗闇に
包まれることの恐怖を体感しました。
そして、ミュージカルのレッスンもレッスン会場の使用制限や安全確保の為、3月いっぱいお休みとなってしまいました。

今日は、約1ヶ月ぶりのレッスン。
どの子もうれしそうで、張り切っている様子が、大人にも元気を与えてくれます

まずは、発声。
人数が多くなったこともあり、会場いっぱいに声が響きます

次に「ゆうやけの歌」 Aチーム、Bチームと順に歌、振り付けのおさらい。
Bチームは、直接指導してもらってないの子供達の声に、
「Aチームのを見て覚えるのが当たり前」と 喝っっ
公演までのカウントダウンを考えると、ダブルキャストは特に、意識を変えることが必要かも
しれないね

そして、両チーム、順に一幕を通して演技。
1ヶ月のお休みは、大きいのか、集中力なく、出番のない時は、おしゃべりも多い

歌、演技共に個々の背景を考えさせる声がけが多く1人1人の力がなければ、舞台が成り立たない
ことを感じるレッスンでした。
幼い子供達にも、おウチの人に手伝ってもらって内容を理解してくることが、宿題になっています。

まだまだ、課題も多く、不安もありますが、レッスンできるありがたみを日々感じながら、
小さな努力を積み重ねて行きましょう
     

|15:01| レッスン | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kamakuradr -
3月5日(金)
 前回のブログ投稿より、ずいぶん間があいてしまいました〜

その間に、オーディション&キャスト発表があり、
2月中旬からは、本格的に今年の夏の公演に向けての
レッスンがはじまりました

今年も去年同様、
主役の2人が、ベテラン中学生コンビのキャストと、
小学生コンビのちびっこキャストという、
まったく違った雰囲気ダブルキャストとなり、
観る回によって、まったく違った雰囲気になるそうなキャスティングです!
(ぜひ、2回の観劇をオススメします!!)



さてさて、この日は、レッスンに加え、
公演チラシに使用する個人写真の撮影もあり
いよいよ、公演に向けて動き出しているんだな〜と実感


肝心なこの日のレッスン内容は・・・、
演目「あまんじゃくのさくら貝」の冒頭シーンの位置確認&振り付け。

去年の公演より、ずいぶん劇団員が増えたので、
立ち位置を決めていくだけでも、なんだか大変そう〜

それでも、ベテランS先生は、その子の身長などをぱぱっと見て
テキパキと、「○○ちゃんは、ここ」「その隣が、○○ちゃんね」と
さくさくと決めてくださります〜


今回の演目では、初舞台を踏む子が多いということに加えて、
ほとんど全員がダブルキャストなので、
自分のキャストのレッスンではないときにも、
ずっと自分と同じ役柄の子が指導されているのを見て
覚えていかなきゃならないので、それはそれは、みんな真剣

それにしても、人数が増えて、みんなで歌うシーンは、
迫力満点!!で・・・。
当番の私は、すでに、1曲聞いただけで感動〜。

これからどんどん覚えていくことが増えていくけど、
みんな一致団結して、がんばろーねー



|09:56| レッスン | comments(2) | trackbacks(0) | posted by kamakurakm -
1月28日
 来週は、いよいよキャストオーディションです
新しい劇団員が大勢増えたこともあり、本日はデモオーディションを行いました!!

先週までに自分が受けたいオーディションを用紙で申請してあり、
その希望にそってそれぞれに役を振り分けられて、みんなの前で課題の発表をしました。
なので今年はいつもより一週間早く仕上げて来なければいけなかったので大変だったかな

自分と同じ役の希望者がいっぱいだったり・・・
上手なあの子が同じ役希望だったり・・・

オーディションの本番前にわかってしまうのは子供にとってはプレッシャーなのかもしれませんが、
ライバルの演技も見れたし、自分の演技をもう一度見直して、そのプレッシャーをモチベーションにかえて、
あと一週間しかないけど、来週は今日よりも更にすばらしい演技を発表できるように、まだ一週間あるから頑張ってね
|11:10| レッスン | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kamakuradr -
1月14日
 ひさしぶりに当番にはいりました。
今日は、キャストオーディションの範囲の練習ということで、
お姉さんたちが中心になって全員分の椅子を輪になるように並べていました。
あまりの多さに「出しすぎじゃないのぉ?」って思わず聞いちゃいましたが、
なんと、ちゃーんと人数分でした
二年前の空き空きのレッスン場からは想像もできなかった込み具合で、ちょっと感動すら覚えました。
小さい新しい子の間には、ちゃんとお姉さんたちが入ってサポート体制もバッチリです
中学生には本当に助かっちゃいます

ストレッチからはじまり、発声練習、早口言葉を一通りやりましたが、
これだけの人数で1人づつやってると全員終わるまでに時間がかかりますね。
それにしても、これだけいると、誰か休んでても誰が休みかさっぱりわからない・・・
出席簿とかに来た時に○でもしてもらった方がいいかな。

課題曲を全員で一回づつ歌って、課題の演技を順番にやりました。
それぞれの演出についての注意点を先生から指導されました。
でも、とにかく「いっぱい研究して、いっぱい練習してきてください。」との事でした。
1か月も練習期間を与えてるんだから・・・と言われてましたが、みんなしっかり練習してるかな?
全員が台本片手に演技してたけど、セリフ早く覚えようねぇ。
|12:04| レッスン | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kamakuradr -
<< | 3/24 | >>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.